ノンシリコン きしみ

なぜノンシリコンはこんなにきしむの?

 

 

 

使ってみてびっくり。
ノンシリコンってすごいきしむ。。

 

しかもロングヘアだと髪が絡まりやすくなり、
切れ毛、抜け毛も多くありません?

 

そうなるとスタイリングをむずかしいですし、
ぼさっとしたりパサついている髪は
見た目も残念な感じになってしまいます。

 

「本当にノンシリコンって髪にいいの?」
と疑問を抱いてしまいますよね。

 

 

 

私もノンシリコンデビューをしましたが、今はシリコン入り使ってます。

 

実際わたしも
ノンシリコンシャンプー、ノンシリコンコンディショナーを
使って失敗した1人です。

 

多くのシャンプーの広告は「シリコンが頭皮に悪い」、
「毛穴が詰まる」というようなことが書かれています。

 

だから不安になってノンシリコンを試してみたんです。

 

ノンシリコンにしたらきしみ過ぎて、毛がからみ、切れ毛も増えてしまいました。
ボトル1本使うことができず、妹にあげてしまいました。

 

そこでシリコンについて調べてみたのですが・・・

 

いつからかシリコンは【ワルモノ】になり、
毛穴につまりやすくて、頭皮トラブルにつながる、
髪をコーティングしてしまって、栄養が吸収できなくなるとか、
言われていますが、、、

 

美容師さんのブログを調べたり、
実際にお世話になってる美容師さん聞いてみたら、
まったくそんなことはないといっていました。

 

 

 

美容師さんいわく、

・シリコンは液体なので毛穴につまることはナイ
(シリコンが毛穴に詰まるという研究結果などは実際にない)

 

・シリコンが髪をコーティングしてしまい、栄養が吸収できないという書き方もウソ
・髪自体はそもそも死んだ細胞なので、栄養を吸収しない

 

なんでシリコンがこんな悪者にされてしまったのかというと、、
・シリコンの原材料の価格が高い
・シャンプー業界がノンシリコンを流行らせようとした

 

という意味合いがあるんじゃないかなと、
私の知り合いの美容師さんは言っていました。

 

だからシリコン入りを使うかどうかは好み。

 

シリコンの本当の役割

 

 

シリコンの役割はキューティクルが開いてしまった髪をコーティングします。

 

それは髪がきしまないように、
髪同士が摩擦で傷まないようにするためです。

 

つまり、髪が傷んでいる方、パサついてしまっている方は、
積極的にシリコン入りを使う方が、
きしまないということです。

 

じゃあ結局シリコン入りのシャンプー、コンディショナーを選べばいいの?

 

美容師さんが言う通り、シリコン入りかどうかは人の好みで決めて良いので、
きしみが気になったり、髪が傷んでいるのであれば、
ガマンしてノンシリコンを使う必要はありません。

 

 
それよりも、髪の【きしみ】を悪化させているのは、
シリコンでコーティングされなくなった、髪に
直接ダメージを与える洗浄剤に原因があります。

 

つまりシリコンの有無より大切なのがシャンプーの洗浄成分なのです。

 

洗浄成分はシリコンの有無よりも重要???!!!

 

シャンプーは私たちが使う石鹸、洗顔類の中でも
一番洗浄力が強いと言われています。

 

その洗浄剤が髪に与えるダメージはとてもおおきいのです。

 

シャンプーは汚れを落とすことがメインの役割ですよね。
つまり正しいシャンプーの選び方としては、
どんな洗浄成分であるかをしっかり確かめることにあります。

 

洗浄成分には、石油系、アルコール系、
石鹸系、アミノ酸系などがありそれぞれ、特徴、
デメリットがあるので、次の章で説明していきます。

 

石油系、硫酸系の洗浄剤は選ばない

 

 

市販のほとんどのシャンプーが
石油系界面活性剤で【○○硫酸〜】という洗浄剤が
使われています。

 

これらは原料の値段も安い、泡立ちやすいという特徴があるので、
市販のシャンプーのほとんどに使われているというわけですね。

 

とくに石油系界面活性剤の
ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naと表示されているものを
使うのはやめてくださいね。

 

 

この○○硫酸系というのは、美容師さんは口をそろえて
使わない方がイイと言っています。

 

確かに泡立ちも良いのですが、
洗浄力が強すぎてしまい、
頭皮にダメージを与えてしまいます。

 

たとえば油分をとりすぎてしまうので、
乾燥やかゆみにつながってしまう、
かくとフケが出てしまうという異常な状態になってしまいます。

 

 

 

髪の毛自体にもダメージを与え、
髪が固くなる、ぱさつかせてしまいます。

 

特に、カラーや縮毛をかけた直後なら、
なおさら使わない方が良い洗浄剤です。
傷んだ髪にさらにダメージを与えてしまいます。

 

 

真ん中の列は俗にいう無添加せっけんというような分類です。
こちらもきしみやすい特徴を持っています。

 

洗浄剤はアミノ酸系が髪には一番良い

 

下の図を見てください。

 

 

右のアミノ酸系シャンプーが
一番髪にも頭皮にもよいということがわかります。

 

アミノ酸は髪、頭皮と同じ成分なので、
ダメージを与えません。

 

そしてこれらをすべて、クリアしたシャンプーを私はみつけることができました。

 

 

 

シャンプーはノンシリコンで、アミノ酸系洗浄剤、
コンディショナーには少量のシリコン入りというヘアケアセットを見つけました。
それはリマーユです。

 

コンディショナーにシリコンが配合されているので、
仕上がりはきしむこともありません。

 

アミノ酸系のリマーユヘアシャンプー、コンディショナーとは

 

実際に、今私も使っています。

 

 

 

シャンプーはオレンジの良い香りです。

 

少量でもとっても泡立ちやすく、
洗い上がりもさっぱりします。

 

シャンプーはノンシリコンなので、
多少きしみますが、シリコン入りのリマーユコンディショナーを使うので、
しっとり、するっと仕上がります。

 

やっぱりシリコンが入っていれば、
しっとりと指通りがよくなりますよね。

 

またこのリマーユの特徴として、
馬油が配合されています。

 

これは頭皮の保湿、炎症をおさえる、
髪をしっとりさせる効果もあります。

 

また市販のシャンプーを使っていた時は、
かゆみもあったのですが、
今はまったくかゆみもなくなりました。

 

私としてはこのリマーユを使用感、香りも気に入ったので
リピートしていく予定です。

 

 

 

 

リマーユの価格はシャンプー、コンディショナーともに4284円です。
定期コースは初回購入の場合には半額で
始められます。

 

もちろん私もこのお得な定期コースに申し込み、
半額で使い始めました!2484円で始められるならうれしいですよね。
1日あたりのコストはたったの40円ほどです。

 

ちなみに定期コースといっても、
すぐに解約も休止もできるので、
リスクなく申し込めますよね。

 

追伸

 

あなたもノンシリコンできしみが気になってしまうのであれば、
無理して使い続けることはありません。

 

むしろそのノンシリコンでは、髪に摩擦が起きて、
キューティクルが開いてしまい傷んでしまいます。

 

きしみを改善させて、
指通りのよい髪を手に入れて、
髪美人を目指しませんか?

 

あなたも一度試してみてください。